2022/09/24

初のソフビ「おへそカイジュウ ネーブルン」 その1


個展では、初のソフビ「おへそカイジュウ ネーブルン」の販売予約をする予定です。メーカーはアルチザン・トイ

これは2ヶ月くらい前の、1回目の確認用出力物。まだシッポがセパレートになってないなど、途中段階のもの。



2022/09/21

SNS等に露出少なめだった立体作品その16「イヤフォンホルダー」試作






2010年。ある会社からの話で、キャラクター的なイヤフォンホルダーの試作。ソフビ製。イヤフォンを口の中にパクッ。ケーブルぐるぐる。お尻に挟んで固定。

シリーズ化して、ALESSIやKOZIOL的なオシャレでユーモラスなグッズのブランドにしよう!って目論見だったのだが、市場調査したらターゲット層の反応はイマイチだったそうで、ボツ orz

こういうのは今もぜひやりたいと思ってるのだが。。。白いのはいくつか作ったデザインの3Dプリンタ出力。

本来のテーマは「ケーブルを巻き付けられるキャラクターっぽいデザイン」だったんだけど、ワイヤレスイヤフォンの今は、「パクッ」だけでもイケそう。Bluetoothイヤフォンのケースはすでにオシャレアイテム化してるし、キャラものもいろいろある。

2022/09/19

吉井 宏個展「立体キャラEXPO」TOKYO PiXEL. shop & gallery



23年ぶりに個展をします。

詳細情報 ↓
https://tokyopixel.shopinfo.jp/posts/37608722

活動40周年記念
吉井 宏個展「立体キャラEXPO」
TOKYO PiXEL. shop & gallery 東京・蔵前
TEL 03-6802-8219
2022年10月19日(水)〜30日(日) ※24(月)・25日(火)は休廊
12時-19時 ※展示最終日17時終了

作者コメント:「立体作品です。CGではありません。一点もののキャラクターフィギュア約40点を展示・販売します。作品集やグッズも用意しました。また、初のソフビフィギュア、「おへそカイジュウ ネーブルン(仮)」の予約受付を予定しています。」


 

TDW_3574


 

2022/09/18

SNS等に露出少なめだった立体作品その15 INTER-CULTUREストラップ




SNS等に露出少なめだった立体作品その15

2013年、粉体造形のナイロン製のストラップ。色は染料で手染めだそう。前回と同じくINTER-CULTURE関連。ストアで販売されたけど、短期間だったしたぶんほとんど売れてないんじゃないかな。単色のストラップやペーパーウェイト的なものはまだいろいろ作ってみたいと思ってる。

当時のブログの告知。ストアなどのリンクはほとんど無効になってるけど。
https://yoshii-blog.blogspot.com/.../10/inter-culture3d.html

2022/09/15

SNS等に露出少なめだった立体作品その14「MEAT or DIE/ヤンス!ガンス!」







立体作品その14
2010年、「MEAT or DIE/ヤンス!ガンス!」はキャラクターデザインなどで制作に参加したアニメーション。イベントで展示するためのフィギュア。もともと、出力サービス INTER-CULTURE(インクス→現SOLIZE)のとの宣伝タイアップみたいなものだったと思う。立派なインタビュー記事もあった。スタジオで写真撮られたのはこの時だけだなあw

https://inter-culture.jp/
制作過程の写真はこちらに多数有り(Flickr)
https://www.flickr.com/.../hiros.../albums/72157633524716884
2010年2月24日のブログにも『「ヤンス!ガンス!」フィギュア制作実況中継』という記事
https://yoshii-blog.blogspot.com/2010/02/211.html
「MEAT or DIE/ヤンス!ガンス!」
https://youtu.be/zCU5jDiyHho




グッズとしてはクレーンゲーム用の小型のぬいぐるみも作られたらしい。

2022/09/12

SNS等に露出少なめだった立体作品その13「WACOMのサボテンくん」



SNS等に露出少なめだった立体作品その13
2011年。WACOMのペンタブの替え芯スタンド「サボテンくん」。クリエイティブポータルサイトのノベルティとして200個作られた。

底面にサインしに行ったときの記念写真は、しばらくSNS等のプロフィール写真として使ってたな。

当時のBlogger記事
https://yoshii-blog.blogspot.com/2011/10/wacom.html

2022/09/09

SNS等に露出少なめだった立体作品その12「赤べこプロジェクト」



SNS等に露出少なめだった立体作品その12
2011年、東北復興支援「赤べこプロジェクト」参加作品。張り子の赤べこ素体にリキテックスでペイント。9月に@btfで展示した。プロジェクトは今も続いてるらしい。
https://akabekoproject.com/

これも例によってModoでモデリングしてペイントシミュレーション。これに使ったテクスチャ画像の一部を紛失してて再現不能だったのだが、整理前のファイルを入れたBD-Rから白部分のアルファチャンネル付きテクスチャTargaを発見!


2022/09/08

【個展準備】シェルフ拡張部分に作品を固定するテスト



個展準備。シェルフにフィギュアを固定するのに使う15mm幅で厚みのあるスポンジ状の両面テープを2つ買ってきた。「小物の固定に」っていうニトムズ強力固定タイプと、「いろいろな素材の接着に」っていうニトムズ接着シリーズ。

あらためてよく見たら片方は「接着」! ダメだわ。取れなくなったら困る。

とりあえず、「小物の固定に」ってほうをテスト。極細1〜2mm幅に切って底面4ヶ所に貼り、シェルフの裏側に乗せてみた。

強い! ぜんぜん取れない。丈夫! 力任せに取ろうとすれば、フィギュア本体が破損しそう。1mm幅で十分強い。もっと強力であろう「接着」のほうでなくてぜんぜんイイ。

数日したら剥がすときどうなるかテスト。どうしても取れなかったら、ソルベントを使う。

……あれ? 「接着」のほう、よく見たらスポンジの厚手の両面テープじゃなかった。厚手のほうが1.2mm、「接着」は0.17mm。粘着の強さの違いだけかと思った。

TDW_3567


 

2022/09/06

SNS等に露出少なめだった立体作品その11「DCNS TV-Dog」






SNS等に露出少なめだった立体作品その11

フランス海軍の船の修理や製造をしている国営企業DCNSの、社内で使用するキャラクター。なぜかTV-Dogが気に入られて採用され、キャラクター化。キーホルダーとしてグッズになった。
https://www.naval-group.com/en

元のキャラはすでにModoを使ってた2007年だけどなぜかZBrush。以前のテイストでって指定されたんだっけな? 

ファイル見たら、ちゃんとModoでモデリングしてるじゃん。おかしいな。ビジュアル段階ではZBrushで作って、その後ストラップ用に3Dファイルをあらためて作り直したっぽい。