2020/03/07

アマビエ



疫病除けに妖怪アマビエの絵がTwitterで流行してるそうなので、僕も。作りかけのTDWキャラの上半身がイメージにぴったりだったので、下半身を改造。

TDW_3072


修正版


修正前

2020/03/04

最近観た映画メモ「ジャッカルの日」他

70年代映画、続々消化中。5本ともイヤーなエグい部分がある映画ばっかしw

●ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年)

「メリーに首ったけ」でキャメロン・ディアスが「ハロルドとモード」を好きな映画って言うシーンがあって、興味持ってた。

自殺ごっこを繰り返し、金持ちの息子だが青白く生気のない19歳の青年、ハロルド(愛車は霊柩車w)。一方、めちゃくちゃ元気で新しいことを毎日やったり思いついたこと全部やるイカレたヒッピーのような79歳の老婆、モード。二人とも趣味にしてた葬式参列でたまたま出会い、意気投合。恋人になってしまう。

モードが過剰なまでにいきいきしてるのは、どうも○○○ー○○の生き残りらしく、一度死んだつもりで人生を生き直し、楽しもうとしてるらしい。生きる屍だった

2020/02/29

最近観た映画メモ「M★A★S★H」他

1920年代から古い順に長期間かかって映画を観てきて面白いのは、時代の移り変わりを追体験できること。今回は1968〜1970年だけど、特にベトナム戦争の影響や古い体制からのドロップアウトなど、そういう時代なんだな〜って。

●バーバレラ(1968年)

先日、アカデミー賞のプレゼンターとして登壇した82歳でも元気なジェーン・フォンダが31歳ときのSF映画。フランスのSFコミックの映画化で、60年代後半のお洒落キッチュな感じが全開。

面白いかといえば、ものすご〜くつまらなかったw たぶん、当時、原作コミックをもてはやすような最先端?の若者たちがギャハハハと笑いながら観た映画なんだろうな。っていうか、原作を画像検索すると、もっとあからさまに

TDW_3039-3068 Sketches


2020/02/22

最近観た映画メモ「翔んで埼玉」他

評価が定まってない新しめの映画は出来にムラがあるのかも。4本のうち、「翔んで埼玉」がベストだったのは意外w 次からしばらく70年代に戻るわ。

●アド・アストラ(2019年)

ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ。ちょっとだけ出るドナルド・サザーランドは久しぶり。30年前に地球外生命体探索に天王星に行って消息を経った父親が生きてると知らされ、、、って話。表面的にはおもしろくなくはなかった。退屈もしなかった。しかし、う〜んw

SF映画的にはどうしても、「月から火星へ行く途中でちょっと止まる」「ブースターをふかしっぱなし」とか、「宇宙船から宇宙船へピョンと飛んで移動中、天王星の輪を板っぺら一枚でくぐりぬける」は耐えがたいw あと、反物質がすでに利用されてる設定なら、多段ロケットも核爆弾も意味なくね?とか。それでも宇宙の描写が画期的なくらい美しければ印象もちがっただろうけど、めちゃ普通だったし。

TDW_3065