2020/02/05

最近観た映画メモ「王になろうとした男」他

「なぜか観てなかった映画、落穂拾いシリーズ」、70年代映画は残り10本になってたのだが、配信作品を70年代で探したら観たい映画をいっぱい見つけちゃった。70年代後半は映画雑誌をよく見てた頃で、題名に親しみがあったり、観たかったのに今まで機会がなかった映画が特に多い。

結局、後でまた「落穂拾いシリーズ第2弾」とかやることになるんだったら、今観ちゃうほうがスッキリする。70年代の残りは、60年代の7本を含んで44本になった。まだ増えるかも。

この調子だと80年代も大幅追加することになりそう。先日みたいに時々新しい映画も数本ずつまとめて見つつ、2020年中にリストを片付ける感じでいいかなと。

ところで、僕的に「新しい映画」とは、リストを作って観始めた2011年以降の映画を指す。感覚的には90年以降を「新しい映画」と言いたいところだけど、世間的にはそうでもないらしいw リストを終えてもまだ「なぜか観てなかったドラマやアニメを観るシリーズ」が控えてる。こちらも適当に混ぜながら観ないといつになるかわからないな。。。

●王になろうとした男(1975年)

めちゃくちゃ面白かった! キプリング原作、ジョン・ヒューストン監督、ショーン・コネリー、マイケル・ケイン、クリストファ・プラマー主演。19世紀後半、インドに残った退役軍人のイギリス人の2人が、パキスタンやアフガニスタン奥地の秘境カリフィスタンの王になろうとする話。

植民地時代に書かれた話だし、「白人が近代文明で未開民族を導き、利用し、奪う(当時でも今さらそれやるんだwっていう皮肉込みだったんだろうけど)」なので、今となってはキツい描写もあったりする。かつて部下だった元グルカ兵は賢く立派な男で大活躍するけど、最後まで忠実な被支配者で