2020/10/15

最近観た映画メモ「ビギナーズ」他

めちゃくちゃペース落ちてるけど、がんばって80年代映画。

ガンジー(1982年)
ダーク・スター(1974年)
ビギナーズ(1986年)
ミスター・アーサー(1981年)

●ガンジー(1982年)

マハトマ・ガンジーの伝記映画。アカデミー賞取りまくりの絶賛映画。リチャード・アッテンボロー監督、ベン・キングズレー主演(キングズレーの父親はインド人)。他、エドワード・フォックスやダニエル・デイ=ルイスやトレヴァー・ハワード、キャンディス・バーゲン他すごい俳優が脇役で多数出てる。

ロンドンで勉強して弁護士になったインド人青年ガンジー。南アフリカで受けた差別をきっかけに、イギリスによる植民地支配からの独立を目指すようになる。非暴力・不服従運動はさまざまな人々を巻き込んで世界を動かすが、ヒンズー教とイスラム教の対立を抑えることができず、インド・パキスタンが分離して独立する悲劇を招く。

モフモフ系やフェルト細工系のスクリーンショットシリーズ、その49


 

2020/10/03

最近観た映画メモ「ミッドサマー」他

今回は「ミッドサマー」とか、新しめの頭おかしい系の映画ばかり。9月半ばまでに見た映画だけど、メモをアップするのまた忘れてた。7月から集中的にやってたTDW制作がラストスパートに入ってて、映画観る気がぜんぜんしない。リストは冬になる前に消化できそうとか書いたけど、年内ギリギリかなあ。。。

ヘレディタリー/継承(2018年)
ミッドサマー(2019年)
もう終わりにしよう。 (2020年)
オーヴァーロード(2018年)

●ヘレディタリー/継承(2018年)

「ミッドサマー」を見ようと思ったんだけど、アリ・アスター監督の前作の「ヘレディタリー」が長編デビュー作で大傑作ホラー。しかも、「ミッドサマー」はこれの拡大バージョン的なものらしい、ということで予習として観てみた。

非常に嫌な支配的人物だったらしい母親が死んだ。耐えてきたアニーはカウンセリングに通い、禍々しい過去を語る。自身にも夢遊病が原因の恐ろしい過去がある。おばあちゃんっ子だった娘は異様な行動を繰り返し、アニーを拒絶し続ける。しかし、息子が運転するクルマの事故で娘は死ぬ。カウンセリングで知り合った女性の誘いで、アニーは降霊術に手を出す。夫と息子は嫌がるが……というような話。

モフモフ系やフェルト細工系のスクリーンショットシリーズ、その43

 

2020/09/18

最近観た映画メモ「ポルターガイスト2」他

80年代前半映画の続き。

スキャナーズ(1981年)
シーウルフ(1980年)
パラダイス・アーミー(1982年)
ポルターガイスト2(1986年)
ポルターガイスト3 (1988年)

●スキャナーズ(1981年)

浮浪者のような若者ベイルがショッピングモールで騒動を起こして収容される。捕らえたのは彼を超能力者スキャナーズと知っていたルース博士の研究組織だった。世界征服を目指している悪い超能力者レボックに対抗できるのは彼と見込んでいた。戦いが始まる。という話。

デビッド・クローネンバーグ監督の出世作ってことと、エグいビジュアルってことしか知らなかった。ヒゲ面のルース博士がパトリック・マクグーハンだったとは最後まで気がつかなかったw

ちょっと地味すぎかなあ。超能力っても念力とかじゃなく、脳内スキャンとテレパシーで相手を操る的なものなので、見えない。画面的に派手にしにくいのはしょうがない。特殊メイクはディック・スミス。頭部爆発シーンは今の目で見ても凄い! びっくりしたわw けど、直後のテーブル周囲や人々がぜんぜん汚れてなかったりして惜しい。ラストのバトルの血管が浮く表現も当時は新鮮で、大友克洋なんかにも大きな影響与えたんだろう。

TDW_3169

2020/09/13

幻の展覧会がVRで蘇った!

 

Exhibition Plan 2014 by yoshii on Sketchfab

先日のナウシカVR以来、急にSketchfabにハマってる。VRゴーグルでそこにあるように見れるんだったら、そういえばやりたいことがあった!


2014年の前半に参加予定だった海外の展覧会。一部屋もらったので、大きめのフィギュアというか彫刻作品を並べようってことで、あの地獄のように大変だった「実家でFRP大型立体制作をいっぺんに8体」をやったのだ。しかし、トラブル発生で参加は中止になった。


展示計画は、高さ1メートルの台を円形に並べ、立体作品を置くもの。Modoで部屋サイズの箱の中に実物大で作ったのだが、そのModoファイルをちょっといじればSketchfabにアップできるぞ!って。


普通にパソコンやスマホの画面でもグリグリ回して見れるけど、VRゴーグルで踏み入ってみると、頭の中にあった展示そのままの空間。ツルテカの表面は実物のFRP作品と瓜二つ! 自分で見てもけっこうリアル。

モフモフ系やフェルト細工系のスクリーンショットシリーズ、その33


 

2020/09/06

最近観た映画メモ「炎のランナー」他

ようやく80年代映画に突入! 70年代映画みたいに大量に追加さえしなければ、今年中に「なぜか観てなかった映画を観るシリーズ 落穂拾い編」+「新しめの話題作リスト」を完了できそう! その後は「なぜか観てなかったアニメやドラマシリーズ」的なものをスタートする予定。

80年代作品で落穂拾いリストにあるのは約30本。70年代はちゃんと数えてないけど百数十本はあるはず。70年代後半は特に多い。理由はわかりきってる。ロードショー誌とか読んでた頃で、「これ観てみたい!」と思ったり、タイトルは知ってるけど観てない映画が多いから。映画館へはそう頻繁に行けなかったし。

その後は映画雑誌は読まなくなり、一般にヒットしたり話題になったものくらいしか知らない。80年代のデザイン学校〜デザイン事務所時代はオールナイトなど映画館に行く機会が多かったので、話題作はたいてい観たし「なぜか観てない」ってくくりの未見映画は少ない。

1990年〜2010年はひどい。フリーになってからの20年間は映画どころじゃなかったから、「なぜか観てなかった」になりようがなく、「落穂拾いリスト」でも17本しかない。

普通の人々(1980年)
歌え!ロレッタ愛のために(1980年)
フライングハイ(1980年)
炎のランナー(1981年)

●普通の人々(1980年)

ロバート・レッドフォードが初監督作品でアカデミー作品賞、監督賞! は知ってたけど、映画の存在自体すっかり忘れてた。ドナルド・サザーランド、メアリー・タイラー・ムーア(僕的には「モダン・ミリー」の!)、ティモシー・ハットン。

一見、平穏に暮らしているように見える弁護士の家族。しかし長男がヨット事故で死亡、助かった次男も自殺未遂で精神病院に入院。退院したものの精神的に不安定。勧められてカウンセラーの医師のところに通い始める。溺愛していた長男を亡くした母親も相当おかしくなりつつある。心労が重なる父親はついに行動を起こす。という話。

TDW_3163