2020/03/31

TDW_3084

最近観た映画メモ「ドクター・スリープ」他

IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年)
ドクター・スリープ(2019年)
セル(2016年)
キャリー(2013年)

スティーブン・キング特集。「IT」と「ドクター・スリープ」を観たら欲が出て、今配信されてる未見のキング原作映画をざっと観てしまおう、の前半4本。JJエイブラムスのドラマ「11.22.63」は長いので今はパス。

●IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年)

前編は2ヶ月前に見た。27年後、大人になったルーザーズとペニーワイズとの戦い。「これは……いい映画だなあ」って部分と「クドすぎない?」「空回りしてない?」 とかが入り混じってて、全体としては微妙。でも、子供の頃からの「一番怖いもの、封印したいもの、引きずってるもの」を克服する話はたぶんいい映画。

いいなあって部分の大半はやはり、大人になった現在と、子供時代の行き来。原作の大きな魅力のそれが前編に無かった分、後編に全部持ってきたのね。ただ、行き来×人数分なので、やはりちょっとクドい。

いくつかの映画見て好きなビル・ヘイダー。あのメガネが成長してコメディアンになったという設定だけどやはり失礼な馬鹿野郎なままで、どちらかというと悲しいキャラ。コメディリリーフ的には喘息少年だったジェームズ・ランソンがやってる。二人が中心のシーンはほぼコメディw (ビル・ヘイダーがもともと若い頃のスティーブン・キングっぽい顔なんだけど、キング本人も出演してるw)

2020/03/20

最近観た映画メモ「名探偵登場」他

Mr.Boo ミスター・ブー(1976年)
アウトロー(1976年)
名探偵登場(1976年)
アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ(2014年)

70年代映画の続きと、2014年の「アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ」。このドキュメンタリー、何かの記事でGyao!での配信を知ったんだけど、3月19日までってことで急遽観た。観終わってからU-NEXTにもあるのを見つけた。こちらも「あと5日で終了」だった。今はないようだけどNetflixやAmazonでも配信されてたらしい。

●Mr.Boo ミスター・ブー(1976年)

これもロードショー誌など買ってた頃にちょっとブームになってて気になってたものの、今までちゃんと観たことなかった。監督でもあるマイケル・ホイの兄弟による香港コメディ映画。3兄弟かと思ってたら、ホイ五兄妹なのね。

兄弟による3作目なのに、シリーズとして一括りにされた上で第1作とされてるって知らなかった。「ミスター・ブー」って人物は登場しない。単にホイ兄弟によるコメディ映画の総称として日本でつけた「Mr.Boo」というタイトルのシリーズ、広い意味では2000年代まで続いてたのね。

いかにも香港のゆるいコメディなだけど、面白かった。声出して笑ったところがいくつも。厨房での格闘シーンをはじめ、大小ギャグの連続。「ピンクパンサー」など欧米のコメディ映画のギャグをそのまんまいただいてたりする。強盗団のボスのシー・キエンって「燃えよドラゴン」の悪役とかカンフー映画によく出てくる人! 「五福星」などでめちゃくちゃ面白かったリチャード・ンも出てる。

2020/03/12

最近観た映画メモ「狼たちの午後」他

オデッサ・ファイル(1974年)
ハリーとトント(1974年)
風とライオン(1975年)
狼たちの午後(1975年)

ようやく70年代中間まで来た。新しめの映画を挟むかもしれんけど、次から76年。

●オデッサ・ファイル(1974年)

これもフレデリック・フォーサイス原作、78年頃のテレビ放映当時、気になってたのに見る機会なかった。ジョン・ボイト主演。ラスボスにマクシミリアン・シェル。フリーの記者の若者が偶然手にした自殺した老ユダヤ人の日記をきっかけに、イスラエルの地下組織と協力してナチス残党の秘密組織オデッサを追いかけることになる。

ベタなくらいにわかりやすく、面白かった。ずっとドキドキだった。ただ、、、、潜入ものとしては無理すぎる感じで、別の意味でヤバイヤバイの嵐。当時36歳っても20代の若造に見えるボイトが中年の元ナチスに変装してオデッサに潜入とか、銃を持って待ち受ける殺し屋に素手で立ち向かうとか、そのへん雑に感じてしまうw よく話題にされるサイレンサー付きリボルバーってこの映画のこと?

オチも、ちょっとずつ匂わせた伏線はあったものの、唐突すぎる。ボイト、なんでこんな必死で追いかけてるんだ?って、もしかしてそうい

2020/03/07

アマビエ



疫病除けに妖怪アマビエの絵がTwitterで流行してるそうなので、僕も。作りかけのTDWキャラの上半身がイメージにぴったりだったので、下半身を改造。

TDW_3072


修正版


修正前

2020/03/04

最近観た映画メモ「ジャッカルの日」他

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年)
ソイレント・グリーン(1973年)
ジャッカルの日(1973年)
激突!殺人拳(1974年)
愛の嵐(1973年)

70年代映画、続々消化中。5本ともイヤーなエグい部分がある映画ばっかしw

●ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年)

「メリーに首ったけ」でキャメロン・ディアスが「ハロルドとモード」を好きな映画って言うシーンがあって、興味持ってた。

自殺ごっこを繰り返し、金持ちの息子だが青白く生気のない19歳の青年、ハロルド(愛車は霊柩車w)。一方、めちゃくちゃ元気で新しいことを毎日やったり思いついたこと全部やるイカレたヒッピーのような79歳の老婆、モード。二人とも趣味にしてた葬式参列でたまたま出会い、意気投合。恋人になってしまう。

モードが過剰なまでにいきいきしてるのは、どうも○○○ー○○の生き残りらしく、一度死んだつもりで人生を生き直し、楽しもうとしてるらしい。生きる屍だった