2011/09/30

映画は短いほうがいい


特別に傑作な映画は長くてもかまわないけど、たいていの映画は僕には長すぎる。平気で2時間以上だったりする。特に傑作でない普通の映画なら1時間におさめてほしい。長い上映時間分の観客の人生を費やさせるだけの価値があるかどうか、意識しながら作ってほしいぞ。

ディレクターズカットとか特別編とか、公開時より数十分も長いバージョンの映画はいっぱいあるけど、ディレクターズカットでショートバージョンを作ってほしいぞ。「特に傑作ではない」という評価が定まった映画は特に。1時間以内で。そのほうが回転がよくて全映画アーカイブが動くようになるぞ。

あと、「1時間ジャスト」や「30分ジャスト」っていう映画の規格を新しく作って、シネコンで時間ピッタリスケジュール組めば、一回シネコン行って数本をよりどりみどりして、あー満腹!って感じ。楽しそう。1本500円。

普通に考えて、映画は短いほうが上映回数増えるし、見ようかなと思ったときのタイミング合うし、いいことづくめなんだけどな。だいたい、映画が唯一の娯楽でない現代、2時間も拘束される娯楽なんて衰退して当然かも。

「LOST」とか見てると「このままいつまでも続いてくれ」とか思うけど、ドラマは1時間区切りで取っつきやすさと永遠を両立させてるとも言えるかも。
コメントを投稿

TDW_2710