2017/12/27

FlashPrintのクリスマス


先日クリスマスツリーバージョンをアップしたアレだけスタンドがないので、プリントしておこうとFlashPrintを開いたら! インターフェイスがクリスマス仕様w 二日遅いわw

そういえばあからさまにクリスマス仕様になる僕が使ってるMacのソフトは他にVLCくらいか。もうちょっとあっても良さそうだが。

2017/12/26

3Dプリント作品 ロバと鹿 5



ロバの頭と尻尾を接着、台は仮組み状態、トップコート未。とりあえずほぼ完成。左のやつはツヤ消しの水性トップコートの新製品があるそうなのでそれを吹こう。

2017/12/25

3Dプリント作品 ロバと鹿 4


3DプリンタFinder。昨日はほとんど作業できなかったけど塗装の続き。リキテックス、ちゃんと不透明色を選んで色作って作業してるとどんどん進んで気持ちいい。

ひつじのしつじのクリスマス


毎年恒例のひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんのクリスマス。

2017/12/23

3Dプリント作品 ロバと鹿 3



3DプリンタFinder。下地完成。かなりラフだけど細かい凸凹は気にしない。これから塗装。アクリル絵具で塗るのである程度筆跡が残るというか残すつもりだし。
年賀状の刷り上がりも届いちゃったし、そろそろ作り放題やファイル整理し放題も止めなきゃいけないんだけどw

2017/12/22

最近観た映画メモ「エラゴン 遺志を継ぐ者」他

●エラゴン 遺志を継ぐ者(2006年)
当時、何かの仕事の資料になるから見ておくように言われて結局観なかった映画。ドラゴンが出てくる剣と魔法のファンタジー。少年向け。ILMと「ロードオブザリング」作った数年後のWETAデジタルなので、ドラゴンその他の表現はさすがだけど、面白さはものすごく普通でしたw  「一般人だと思ってたら伝説に予言されてる選ばれし者だった」系は苦手かも。だから、本来はスター・ウォーズもダメなんだけどね。

●50/50(2010年)
ガン宣告された若者が親友とデタラメやりまくるコメディ、という前知識だったけど、基本的に静かで内省的な映画だった。とてもよかった。

TDW_2775

2017/12/20

3Dプリント作品 ロバと鹿 2


いか〜〜ん! しくじった orz

モデリングペースト+ジェッソを5回くらい塗って、ちょっと試しに削ってみた。サンドペーパーがすぐ詰まるので水つけて磨き作業。白い泥で磨けてるのかどうかよく見えないん

2017/12/13

TDW_colorsketch_201710


最近観た映画メモ「君の名は。」他

新しめというか去年の映画3本。

●スティーブ・ジョブズ(2016年)
僕にはマイケル・ファスベンダーはまったくジョブズに見えなかった。アシュトン・カッチャー版ではある程度似せてたけど内容が通り一遍の軽めの伝記映画になっちゃってた。こちらは似せない代わりに舞台劇っぽい重めな感じ。ただ、ジョブズの経歴をだいたい知ってないとわけわからんかも。ジョブズの鬼畜というかクソ野郎な面をこれでもかと強調、3つの発表会直前の楽屋での口論ばかりで緊張が続くのがイイ。それでもギリギリ変わり始める兆しまで描く感じ。ケイト・ウィンスレットの役がよかったなあ。

●FAKE(2016年)
佐村河内守(と奥さん)のドキュメンタリー。「衝撃のラスト12分間」、、、確かにちょっと意外だった。確かに一方的な思い込みで捉えるのはマズい。とはいえ、ラストのラストもアレだし、「盛りすぎたものが崩れて地に落ちた男」って印象がそれほど変わったわけでもなかった。

●君の名は。(2016年)
すいません、なめとった。めちゃくちゃ面白かったです。大まかな設定とか知っちゃうと、あ〜〜パス、って思うじゃん。入れ替わりの話から大がかりな話に衝撃的だけど自然に繋がるし、細かいところも神経行き届いてて実にていねい。映像めちゃきれいだし全編で笑えるところが多いし。納得した。

TDW_2772

2017/12/10

最近観た映画メモ「悪魔のいけにえ」他

怖い映画の続き。

●悪魔のいけにえ(1975年)
ホラーはもういいや、とか書いたけど続きw トビー・フーパー監督の「ポルターガイスト」はすごい好きだけど、たぶんスピルバーグ風味強めだろうし、他の作品を観たことがなかった。何か全世界的に不吉なことが起きつつある的大仰なイントロやいかにも70年代前半な描写などいい感じ。と思ったら、えらく単刀直入であっさりした惨殺シーン(タメがなさ過ぎて意表を突かれて逆に怖い)と異様に長くてクドい絶叫と逃走w クライマックスのやり過ぎ感が思わず爆笑に繋がるのは「ポルターガイスト」の同じでけっこう好きw 意外にもオカルト要素なし。(関係ないけど、検索してたら「インクレディブル」の父親ボブ役→ポルターガイストの父親役のクレイグ・T・ネルソンなんだ!)

●サイコ(1960年)
大昔に観たけど、ベイツモーテルに入る前の雨の中を運転のところから観たらしく、そこまで26分。ネタバレ状態だからそれほど怖くないしビックリもしないけど。なんちゅう端正な描写! ムダがないというか画面の

2017/12/09

最近観た映画メモ「銀河ヒッチハイクガイド」他

短いのをセレクト。1時間40分台の2本以外、約1時間半のばかり。

●銀河ヒッチハイクガイド(2005年)
壮大で大げさで英国風味のギャグ満載w おもしろかった。魚をありがとうw 

●ヤバい経済学(2011年)
いろんな人がいろんな事を言うようなややこしい物事を数字から探るとけっこうはっきりするというドキュメンタリー。黒人と白人の名付けのエピソードは日本のキラキラネームにも通じる話。相撲の八百長が勝率の解析で明らかになったり相撲界の暗部のエピソードは、今まさにヤバい。インセンティブのエピソードは何か自分にも役に立ちそうw 犯罪率減少のエピソードは、そんなところにめちゃ明らかな原因があったとは! すごいおもしろいです。

●シベリア超特急(1996年)
ん〜〜〜、これを特別なクソ映画として愛でるほどの余裕は

2017/12/07

3Dプリント作品 ぽんぽこりん(TDW_2679)2


3DプリンタFinder出力物、作業の続き。ざっとポリパテを塗りつけて磨き、写真撮り忘れたけどサーフェイサー厚く塗って簡単にサンドペーパーがけして下地完成。下地ホワイトは省略。どうせ白を多く含んだ色を何度も塗るから。

2017/11/25

3Dプリンターの独占使用?

知らないヤツが「ちょっと3Dプリンタを使わせて」と、長時間独占して機械のシャーシ部分みたいなものを出力した。その出力物は中まで詰まっていてずっしり重い。polymakerのグレーのフィラメントでの出力はまだ2個しかしてないのに、一気にリールが空になってしまった。僕は怒って抗議した。「充填率下げるの知らないのかよ! 僕のフィラメントなのに!」。。。。という夢を見たw

MODOでポリゴンモデリングやってる夢はしょっちゅう見るけど、3Dプリンタが夢に出てきたのは初めてで、ちょっと驚いたw

3Dプリント作品 ぽんぽこりん(TDW_2679)1


3DプリンタFinder。前回の出力から三週間も経っちゃったけど、また新しいものを出力始めた。今回のテーマは「上下にパーツ分けして14cm以上のものを作る」。っても本体17cm、台座入れて19cmだけど。

2017/11/20

3Dプリンタ出力物をリキテックスで塗装?


10日前にやってすっかり忘れてた「下地をアクリジョン+リキテックスモデリングペーストで下地作り→リキテックスで色塗り→水性トップコートとラッカー系トップコート」。

TDW_2764

2017/11/18

最近観た映画メモ「エルム街の悪夢」他

●エルム街の悪夢(1986年)
80年代以降の基本的ホラー映画ってあまり見てないので代表的なものをいくつか観ておこうってことで。まあ、怖くはないし、そう面白いわけでもないw フレディーっていう有名キャラクターの根本のところをほぼ知らなかったので、いちおうこれでわかりましたw 夢なのか現実なのかわからない感じ、「インセプション」がちょっとヒントにしたかな? ジョニー・デップが出てたとは知らなんだ。

●スクリーム(1997年)
ホラー映画のお約束を踏まえてる人たちを、ひとまわり外の世界からおちょくりつつホラー&コメディ映画にした感じ? 映画の中で

2017/11/09

3Dプリント作品、女の子(TDW_2754)5 完成




3DプリンタFinder出力物の塗装。とりあえず塗り終わった。結局、オレンジ色は8回くらい塗らないと完全ベタにならなかった。写真で見るときれいに見えるけど、けっこうボコボコしてる。

2017/11/07

3Dプリント作品、女の子(TDW_2754)4


3DプリンタFinderの出力物の塗装の続き。目だけ終わらせてしまえばあとはラク。。。とはいえ、超薄塗りの一回目をやったところだけど、完全にムラなく塗るにはたぶんあと3〜4回塗らなくちゃいけない。。めんどくさいw

2017/11/04

3Dプリンタでストラップ


3DプリンタFinder。やってみたかったことのひとつに「色のついたフィラメントでストラップを作る」。INTER-CULTUREで売る用のストラップとして作ったデータを使った。高さ6.5cmくらいで最高品質で出力。所要時間は2時間弱。

3Dプリント作品、女の子(TDW_2754)3


3DプリンタFinder。なかなか触れないけど時間みつけてはちょこちょこやってる。

最近観た映画メモ「帰ってきたヒトラー」他

●帰ってきたヒトラー(2015年)
めちゃくちゃ面白かった。予告編とかの印象から、おちゃらけヒトラーかと思ってたらぜんぜん違う。周囲はやや安っぽくドタバタするものの、ヒトラーは全編で本気の大真面目、というかヒトラー本人そのもの。現代のドイツに蘇ってしまったことをすぐ納得して新聞やネットで学習し、現代の「惨状」を自分がどうにかしよう!と立ち上がる。途中まで、ハプニング的にヒトラーが現れたその場の人たちの反応などが面白いし、現代のドイツの問題に対して意外に強力な存在を待望する人たちがいて困惑したりもする。後半、自分がどういう風に見られてるかも受け入れた上で、ヒトラーの本領を発揮していくところなんかマジ怖くなってくるよw テレビ番組の演説なんか、うわ!こうやって魅了されちゃうんだ。ヤベえ!とか。ただ、ヒトラー以外の部分はなんともユルいコメディで脱力する部分もあったりする。「アイアン・スカイ」も同じパロディやってたなw

●ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年)
クレージーすぎるw めちゃくちゃだw 全編おもしろかった

2017/10/29

3Dプリンタ、ちょっと調子悪い

3DプリンタFinder。サーフェイサー作業中のキャラは自立しないのでスタンドを作成、しようと思ったのだが、調子悪い。

一回目、樹脂が出ずゴリゴリやってて台の前側が高すぎるっぽい。そのまま出力しながら台を下げたらいい感じで平均的に樹脂が出るようになった。


二回目、調子良くスタートしたけど時間がたっても円形から形が変わらない。おかしいなと思ったら台は下がってるのに樹脂が出ず、空振りしてた。

2017/10/28

3Dプリント作品、女の子(TDW_2754)2


3DプリンタFinder。ポリパテをなすりつけてサンドペーパーがけした後、サーフェイサー500を塗りたくった状態。これまた原型制作するわけじゃないので大まかな部分に積層痕が見えなくなりゃOK。

2017/10/26

3Dプリント作品、女の子(TDW_2754) 1


3DプリンタFinder。14cmの範囲いっぱいサイズを出力するテスト。TDW_2754、足がイマイチだったのでボディは作り直した。これも簡単に表面処理して色を塗るつもり。