2007/01/14

Toys-立体出力1_Kuma-Jiro 2


これが、3D立体出力したKUma-Jiro。
高さ9cm、幅7cm、奥行6cm。けっこう量感あって大きく見えます。素材はケミカルウッド。ほぼツルツル状態。驚異的な仕上がり。

このまま原型にしたいところだけど、ドリルの直径より細い彫り込み部分が甘いので、目や口は深く彫りなおしたい。あと、前後からの切削方式の出力のため、ドリルに平行な部分はちょっと平らの部分がある。

これをシリコン型取りしてレジンに置き換えた上で、仕上げ作業を行う。でもたいして手間はかからなそう。立体出力おそるべし!

で、両側からの切削は、けっこう手間がかかるらしい。ケミカルウッドのブロックを機械にネジで固定、正面から削り、ひっくり返して背面から削っていくと、途中から空中に浮いた状態になっちゃう。もちろん削れない。なので、ひっくり返した状態で彫った正面側に石膏を流し込んで固定する作業などが必要。こんな小さいものでも12時間かかったそうだ。機械占有時間や手間のコストとか考えると、こういった立体出力サービスがすごい高額なのは当然な気がする。

まあ、12時間あればこのくらいの原型は作れちゃいそうだし、手で作る楽しさは捨てがたいのだが、デジタルの強みとどちらを取るかってことかな。ちなみに、このKuma-Jiroの3DCGモデリングは丸二日かかった。単にこういうキャラクターを作るだけなら2時間で可能だけど、細部までそのとおりに出力されるのですごく慎重に作業したので。

コメントを投稿

TDW_2763