2006/09/28

Toys-マスク作成4_迷彩反転

迷彩柄を反転させれば削り作業が少なくて楽なのではないかと思いつき、「離型剤Sブルー」方式で最後にひとつだけ試してみることに。確かに、指でエポキシパテを押しつけていくだけで迷彩柄が簡単に作れてしまった。少しだけの修正でそのまま使えそう。

ただし、そのままでは当然バラバラになってしまうので、仮止めとしてエポパテのヒモで繋いでおいた。硬化したらいくつかの部分に分けて、細いピアノ線を接着してまとめれば、エアブラシを吹くときにジャマにならないだろう、と。





ダメでした。これを↓再び正しい位置に戻す気力はないです。
コメントを投稿

TDW_2699