2013/10/19

執着と一眼レフカメラ

基本的にはコンパクトデジカメで十分主義。そもそも「かっこいい写真が撮りたい!」欲求があまりなく、写ってればいい。暗すぎず明るすぎずピントが合ってりゃいい。デジ一眼とかあれば便利なんだろうけど、「素人が安いデジカメで撮ったスナップ」の領域から踏み出すと、いろいろめんどくさい世界に突入してしまうことがわかり切ってるので、そこはブレーキをかけてる。

ずっと使ってるLUMIXのコンパクトデジカメ、画質や使い勝手に不満はないから、特に買い換えしようとかの気が起きないんだよな〜。ホコリが入っても取り方がわかったから問題なくなったし。

カメラほど、こだわりや執着からの離脱力っていうかむしろスルー力を試されるものはないかも。スナップとかそのへんで撮る写真だって、ちゃんと撮ろうとしたら懲りどころが満載なんだろうけど、そのために大きく重いカメラや三脚まで持ち歩くのと撮れる写真と秤に掛けたら、それは人生を豊かにしているのだろうか?的な疑問が。むしろ、撮らないと決めるほうが幸せなのかもしれん。

iPhotoとかに写真を並べても、同じようなカットがいっぱい。絞って載せれば見やすいに決まってるけど、どれを残すか捨てるかってのも、執着からの離脱力。補正してきれいにしたくなる、傾きを直したくなる、、、全部スルーだ!

とはいえ、自作フィギュアや立体作品の写真をちゃんと撮らなくちゃいけない時にはさすがに執着の鬼みたいになる。しかし、安いデジカメじゃ限界ありすぎw コンパクトデジカメで撮った写真をどうにかこうにか見映えするように調整したりするけど、今やってる大型作品群は、制作過程も含めてちゃんと撮っておきたい。

・・・ってことで、初めて一眼レフのデジカメ買いました。オリンパスのE-PM2って製品。家電量販店でレンズ2本付きセットがびっくりするほど安く売ってたので、思わず買っちゃったのでした。一眼レフは買わないと決めてたのに!

で、思わぬ短所があった! デジ一眼のレンズのフタっていちいち手ではずしたり取り付けたりしなくちゃいけないのね!! めんどくせー! なんでそんな箇所が今まで放置されてるわけ? 当然、電源入れたらカシャって開くフタだと思うじゃん!

実家制作に持って行って撮ってますけど、フタがジャマでしょうがない。画質はさすがに一眼レフだし、ここぞという時にはRAWで撮るのも可能だし、性能には不満ないんだけどさあ・・・。う〜ん、高級コンパクトデジカメ買うほうがよかったかな・・・。
コメントを投稿

TDW_2765