2013/08/17

日本語入力プログラム乗り換え

「ATOKがMacの動作が重い原因」「システムの深くに入ってリソース食いまくり」的な記事を何本も見ちゃって、心配になってきた。ATOKの入ってないMacってほとんど使ったことないもんね。ATOKがはいってない状態のMacの軽さがわからない。もしかしたらびっくりするほど軽くなるのかな?

Mac版初のATOKのver.8から19年も使ってるんだけど、システムの入れ替えや新規インストールのたびに、「ことえり」だけでできればさっぱりしていいのになと思ってた。以前の「ことえり」は確かにイマイチだったけど、Lionの頃に「ことえり」だけで書いてみたら、変換効率はそんなに悪くなかった。いつか近いうちに乗り換えようと思ってました。

ATOKを手放せない大きな理由の日付変換(※)は「ことえり」にはないけど、辞書や単語は登録し直せばいいし、使わなくなってるのに出てきちゃう単語をリセットする機会でもあるし。と思ったら、ATOKから書き出した単語・用例一覧を「ことえり」にあっさり読み込めちゃった(全部ではないようだけど)。じゃあ、一度ATOKをアンインストールしてみよう。ダメだったら最新版のATOK2013を入れよう。

アンインストールしかけて、気がついた。ATOK PADが使えなくなるのは惜しいなあ。ATOKなしでも使えるんだろうけど、中途半端感が。まあ、先日ATOK PADがEvernote同期の不具合でしばらく使えなかったとき、メモ.appを復活させて使ってたけど、iCloudに瞬時に同期されて使いやすかったしな。

で、「ことえり単語登録」のウインドウを2台のMacで開きっぱなしにして単語登録してみると、すぐもう片方のMacでも一個増える! iCloudの辞書同期スゴイ!

とりあえず、ファイル検索してATOKを完全アンインストールしてみた。Macが軽快になったかどうかはまだわからない。とりあえず、「ことえり」でも日付変換以外は特に支障がないことを確認できた。

1日使ってみた。「ことえり」の動作の「ダイレクト感」ってやっぱキモチイイ。間に何か挟んでる感じがない。カタカナ変換に戸惑ってたけど、「Windows風のキー操作」にするとcontrol+iでカタカナに変換できるー。でもことえり標準に慣れる方がいいかな。

5日間使ってみた。「ことえり」のキー操作には慣れたけど、文節の分け目にどうしても違和感があるのと、アドレスブックの名前が変換候補に優先で入るのと、日付変換できないのがやっぱ不便。うーむむ。

日本語入力プログラムといえば、以前ATOKからEGBRIDGEに乗り換えを試みたのに、そこそこ慣れた直後に販売終了になっちゃったんだよ〜。もし「ことえり」にどうしても馴染めなかったら、EGBRIDGEの後継の「かわせみ」って手もあった。日付変換ができるといいんだけどなと調べたら、日付変換あるじゃん!

で、「かわせみ」の体験版を入れてみた。非常に快調! 文節も日付変換もオーケー、アドレスブック参照はオフにした。iCloudの辞書同期はできないのが惜しいけど、ここまで変換がスムーズなら、もう「かわせみ」一択かもしれん。このまましばらく使ってみます。

※「日付変換」とは、「きょう」とか「あさって」で「何月何日何曜日」に変換する機能のことです。

コメントを投稿

TDW_2732