2007/10/02

iWebの画像の色2


新たな事実が判明。
いろんな色を含む画像を作ってiWebの色をちゃんと検証してみようってことで、AdobeRGB、sRGB、AppleRGBの三種類のプロファイルをつけた画像を配置したところ、
http://web.mac.com/hiroshiyoshii/colortest/Photos.html

なんと!!どのプロファイルもsRGBに置き換えられてます(プロファイル無し画像はそのまま無しです)。カエルのもそうなってます。sRGBに置き換えられた画像は、Photoshopのプロファイル変換でやったように、見かけの色はほぼ同一に揃ってます(右のnonPとついた画像は保存の際にプロファイルを埋め込みしなかったもの)。

これ、やはりAppleもWebではsRGBが標準であるという前提で、iWebでプロファイル付き画像(つまり作成時の色空間が明確な画像)はsRGBに変換してアップロードしようということなのかな?例のおせっかい機能の一環ではあるけど、なかなか理にかなってるんじゃないでしょーか。

で、おもしろいのが、PhotoshopでsRGBに変換してプロファイル無しで保存したものは、ブラウザ上ではsRGBプロファイル有りと同一に見える(なぜかSafari2でだけ微妙にちがう)。ということはやはり、カラーマネジメントを考えなくてもPCやモニタがsRGB空間であるかぎり、Webにアップした画像は同じくsRGBで表示されて何も問題がない、ということの証明だな。

まとめると、「意識してsRGBプロファイルをつける人」と「PCでぜんぜんカラマネを使ってない人」の両極端の人がWebで正しく表示させられるようです。僕みたいな中途半端の人の画像は全滅。ホームページやブログの画像のほとんど全部がAdobeRGBプロファイル付きか、AdobeRGBを変換せずにプロファイル無しで保存したもの。総入れ替えだ〜。

ついでに、同じ画像をDreamweaverで並べたもの。それぞれのプロファイルがどのように表示されるかわかります。
http://www.yoshii.com/test071002/colortestdreamweaver.html


■追記
それがさ〜〜!!!!!!
さっきわかったんだけど、Photoshop(CS3)の「Web用に書き出し」で「ICCプロファイル」をチェックすると、iWebと同様に、元のプロファイルが何であろうが保存された画像はsRGBプロファイルがつくようです。チェックすると画像のプロファイルがそのままつくもんだと思ってた。
ややこしく考えすぎてたかもしれないですね。正しい手続きで用意すれば、ちゃんとWeb用画像として最適になるってことらしい。

■追記2
ちょっと注意が必要のようです。Photoshopのヘルプを見たら、
「sRGB 以外のカラープロファイルが埋め込まれた画像を最適化する場合、Web 用に画像を保存する前に、画像の色を sRGB に変換する必要があります。最適化メニューで、「sRGB に変換」が選択されていることを確認します。」
だそうで、自動的にsRGBにプロファイル変換されるわけじゃないようです。

とはいえ、試してみたところ、書き出されたsRGB付き画像は、ブラウザではまったく同じ色に見えるので、それほど気にしなくていいかも。iWebもそういう仕組みなのかも。
コメントを投稿

TDW_2723