2006/12/19

Toys-スカルピー7


現状、こんな感じ。目にまた溝を作ってしまったけど、やはり消すつもり。いったい何度やってるんだか。


もう一つ。これはグレイスカルピーとプリモスカルピーを85:15で混合したものの実験の一環。削りやすい。


これは、「スカルピー2」までで作っていた一ッ目のヤツを改造しはじめたもの。スーパースカルピーの割合が多いのでもろく、削りにくい。

で、これらは全部5〜6センチくらいです。形状から想像ついた人もいるでしょうけど、手間が数倍どころじゃない両面型取りではなく、シンプルな片面取りで楽に量産できる(値段も安い)ミニフィギュアのシリーズを作れないかなと思ってるのです。軟らかめのシリコンを使った片面取りなら、少々の逆テーパーもオーケーだし、硬化時間は半分、一番神経を使う粘土埋めが無いし、なにしろ合わせ目を修正する手間がゼロだから。

っていうか、スカルピー。この1ヶ月間それほど時間が使えてないことを割り引いても、なんか時間かかりすぎな気がしてきた。1ヶ月かかって、結局何も完成してないじゃん。インダストリアルクレイの「数時間のうちに一気にほぼ最終形の形が作れちゃう」ほうが、僕の好みとしては合ってるかも。
コメントを投稿

TDW_2733