2006/12/31

メールで年賀状

年賀状を順次メールに移行していくことにしました。

今回は、去年までの年賀状の数の半分を紙、半分をメール、という割合。電子メールの年賀状への抵抗感がずいぶん減ってきているようだし、潮時かも、ということで。もちろん、メールアドレスを知らない人や、紙で出さないとちょっと失礼かなと思う目上の人や、知り合ったばかりの特別な友人などには郵送しましたが。

僕が考える「年賀状の最大の機能」は、「まだ生きてるぞ。連絡先はここだ。」を1年に一度確認し合う、というもの。日本のすばらしい行事。でも、紙の年賀状に「お元気ですか?」と書いてもたいてい返事は戻ってこないし、次のコンタクトの機会は最悪1年後だ。メールなら、元旦のうちに返事してくれるかもしれず、コミュニケーションが成り立つ。

また、誰かの年賀状を束から探すのも保管も大変だが、メールなら一瞬で探せるし場所もとらないし、いつでも取り出して連絡先など確認できる状態においておける。(添付画像は20〜30kb以下くらいにしないとね)

そう考えたら、紙の年賀状は明らかに分が悪い。郵便料金もかかるし印刷や手間があるから、出せる数に限りがある。メールなら、出したい人がメアドを持ってさえいれば、無限に出すことができる。

まあ、メール年賀状だって手間がたいして少ないないわけじゃない。データベースへ連絡先住所を登録やメンテナンスする手間は同じ。BCC:で送るのはさすがに抵抗があるから、ひとつひとつ出すことになる。

メールはあたたかみが無いという人もいるけど、僕は印刷年賀状なので、もともとそういったあたたかみは無いからかまわない。やはり、「コミュニケーション可能」のほうが大きく有益じゃないかなと。

僕からメール年賀状が届くみなさんへ。紙の年賀状じゃなくて、軽く扱われたとかじゃぜんぜんないですよ。むしろ、コミュニケーションをとろうとしてるのです。
まあ、両方出せばいいんだろうけど。

ところで、メールで年賀状を出すと、ホームページを見てくれる人がいるかもしれないので、急遽ホームページをリニューアルした。iWebを部分的に使ってみた。HOMEはyoshii.comのindex.htmlにし、それぞれのページをiWebで作成して飛ぶようにした。

iWebと.Macでは、大量画像ブラウズのページは多少苦しいし容量も転送量も食うので困りもの。ゆくゆくは、iWebで見やすいメインおすすめサイトを作り、yoshii.comサーバーの方に大量画像ブラウズページを作るつもり。さっきTDWのアーカイブページをそうやって作ってみた。iviewのHTMLギャラリー作成機能を使ったので、ほとんど手間なし。ドラッグ一回、メニュー選び2回、ページ名打ち込み一回、保存名打ち込み一回。たったこれだけで1400枚以上の画像ギャラリーが完成。

来年もよろしくお願いいたします。
コメントを投稿

TDW_2753