2006/12/27

Cinema4D R10でキャラクターアニメーション

年賀状の作業が一段落したところで、C4Dの新機能をちょっといじってみた。

今までのボーンの代わりに使う新しい「ジョイント」という仕組み。っていうか、ボーンみたいなものなんだけど。これのカンタンさは下のページのムービーを見てもらえば一目瞭然。まあ、チュートリアルマニュアルだけを手がかりに数時間でおおよそ理解できたってのは、相当カンタンなんだと思う。
http://www.maxon.net/jp/products/modules/mocca/rigging.html

もちろん、おおざっぱにジョイントでキャラクターを動かせることを確認しただけで、調整が必要な部分はたくさんあるけど、ビジュアルセレクタ(左上)のセットアップまで含めて数十分以内に設定できた。これなら3ds Maxのキャラスタの簡単さに匹敵するかもしれない。もちろんIKも設定済み。ジョイントの最初の角度によって、だいたいそのままでも関節がムチャな曲がり方はしないし、ポールという制御オブジェクトで調整も可能。

3ds Maxでもやってる、ターゲットで視線を動かす方法や目玉を頭蓋骨に固定する機能も、C4D内で同じことができた。フェイシャルモーフはC4Dのほうが簡単だし。・・・ということは、僕が3ds MaxでやってるシンプルなキャラクターアニメーションのほとんどをすでにC4Dで置き換え可能!!暮れも押し迫ってるのに、なんかワクワクしてきたぞ!

コメントを投稿

TDW_2698