2015/11/29

ML展/ボディのペイント

ボディ、ボコボコを削ったりホコリをサンドペーパーで取ったりした後、本番の色で塗った。小さい平筆でうすーく延ばす塗り方で3〜4回やったら、エアブラシのラッカーくらいきれいに塗れた。で、足の色(口の色と共通)を塗った。こちらは塗り終了。


もう一方のボディは迷彩的塗り分けで、大変なマスキング作業。でも、塗る色は最後の一色だから。ガンバル。

いやしかし、「感情のジェットコースター」ってホントだわ。一昨日まで発狂寸前だったのに、今はもう最後の色だぞってウキウキだもんw あの落ち込みを手順として経ないと完成しないってわかってるから。

ところが、マスキングしてひととおり塗るのに、2時間! 時間がかかりすぎる。いや、同じ作業をあと4個、計8時間で済むのなら早いとも言えるか。


マスキングテープを剥がしてみた。うまくいったけど、やっぱ段差が嫌い。筆塗りで1個やってみよう。っていうか、色がダメ〜! 明るいほうの色は明るすぎたし、暗い方の色も暗すぎる。。。明るいほうはそのままにして、暗いほうをもうちょっと明るくしよう。これはこれでおいといて。


この一週間ほとんどかかりっきり。さっき、Finderのウインドウをひとつ閉じたら、下にあったウインドウは6日前に納品直前に開いた資料のフォルダだった。いかにMacで作業してないかっていう……。
コメントを投稿

TDW_2772