2013/11/19

Pomodoro的キッチンタイマー時間管理の続編

ちょっと詰まってくるとそっち方面に考えが行きがちなんだけど(現実逃避とも言う)、相変わらず、自分を騙して仕事に集中させる方法を考えたりしてる。こういうライフハックというか時間術とかって、ほっとくとダラダラしがちな自分をごまかして、さも、めちゃくちゃ面白いゲームをやってるような気分を作り、結果的に仕事がみるみるうちに片付いちゃう!という、遊びです。わかった上でやってます。はい。

一つ試してうまくいってもすぐ飽きてしまう。そしたら別の方法を試す。うまくいくとうれしい上に仕事も進む。という、害がないどころか実益も伴う、ささやかな楽しみw って、ちゃんと仕事に集中できてさえいりゃ、どんな時間術を使ったって使わなくたって、仕事は進むわけで。

ところで、Pomodoro的なキッチンタイマー集中法を断続的にやってます(Pomodoroにはちゃんとルールがあるらしいので、僕がやってるのは単にキッチンタイマー時間管理)。先日、いいこと思いついた。以前、ToDoに割り当てた25分の数をトマトの絵文字を並べて示すってのやってたけど、トマトの数を一日分、先に用意しておくのはおもしろい。

一日に8時間完全集中できりゃ大勝利。25分+休憩5分の30分を1トマトとして、朝、トマト16個用意しておき、ToDoに割り振る。使用可能時間を可視化、物体化する感じ。当然ながら遅れたり進んだりするからその都度トマトを移動して調整。16個使い終わったら一日終了、あとはダラダラやっても遊びに行ってもオーケーってことで。

しばらくやってみてますが、使える時間の残りが見えてて、遅れると他ToDo用に確保してあるトマトの数を侵食するのがはっきりわかるからか、自動的にかなり焦って締切寸前状態な心理に。時間見積もりを極端に間違えていなければ、予定のトマトの数だけちゃんと進み、気分が持続する。これは今までに試した中で一番いいよ。
コメントを投稿

TDW_2690