2008/01/16

出た!MacBook Air

開催中のMacWorld Expoで超薄型のMacBook Airが発表になった。紙封筒から出てくるCMがけっこう衝撃的。最厚部で1.94cm。重さ1.36kgでは1kg程度のノートPCがゴロゴロある日本ではたいした軽さじゃないけど。値段もMacPro並になりそうと言われてた割には普通。ただし、安いのはハードディスク搭載モデル。64GBのソリッドステートドライブを選ぶとかなり高価になる。iPod touch式のマルチタッチ操作ができるらしい。
MacBook Air

こういう軽量薄型のラップトップがMacのラインナップにあればな〜、と言われていたそのものがようやく実現。これで、日本メーカーの軽量モバイルノートPCに目移りすることは少なくなるだろう。っていうか、MacBook Airは日本市場の要望に応えたものらしい。まあ、1kgの軽量化と引き換えに、光学ドライブとプロセッサ速度とポートの種類と数が犠牲になってるわけで、それがMacBookの倍以上の値段。現実的にはビミョーなところ。ほしいに決まってるけどさ、初代はやめときます。改訂版までガマンできるかどうか・・・・。

今月はAppleの新製品月間だそうで、先週の8コアMacPro、今週のMacBook Air(他にもAirMac関連やiPod touchのアプリなどいろいろあった)に続いて、あと2回の大きな発表があるらしいので楽しみ。

■追記
これって、シャープのMURAMASAに印象が近いなあ。以前使ってたMURAMASAは形とサイズは非常に気に入っていてずっと使いたかったんだけど、メモリが256MBで1.8インチHDD。すんごいモタつく動作で、ついに耐えきれずに手放した。ほぼ1kgジャスト。リュックに入れると、入ってるのか入ってないのかわからないくらい軽かった。その前に使ってた富士通のタブレットPCが1.5kgくらいだったけど、やはり非常に軽かった。

でも2kgのPowerBook12インチは重く感じたし、2.3kgのMacBookも重い。たぶん、1.7〜1.8kgくらいが分かれ目なのかな。逆に言うと、1.5kgも1kgも800gも実用上はたいして変わらない、という印象。だって、パソコンやファイルやいろいろ入れたカバン自体が4〜5kgあるんだから、500g違ったって1割程度の差。
コメントを投稿

TDW_2710