2008/01/22

MacBook Air、 SSDの寿命

MacBook Airで64GBのソリッドステートドライブ(SSD)を選択可能なことについて。SDDは大して速いわけじゃないけど、1.8インチHDDよりははるかにマシだろうと思う。以前使っていた1.8インチHDD搭載のシャープMURAMASAは、HDDがあまりにトロくてイライラした。

で、SDDの弱点といえば、寿命が短いと言われていること。書き換え回数10万回(集中的に書き換えしないように調整する機構がついているらしい)とのこと。これが何年に相当するのかよくわからないが、「寿命が短いからダメ」的な意見をよく目にするのは確か。一方、逆の意見もあって、「1990年代のSSDの性能に基づく誤解であり、理論的には、64GBのSSDは51年間保つはず」と言ってる人もいる。また、「MTRON」というSSDの製品では「理論値では1日に50Gバイトの書き込み使用で140年以上の耐性を実現」と謳っているものもある。

とんでもなく過酷な使い方をするのでなければ、SSDはHDDよりはるかに長寿命とも言えそうだ。HDDが壊れるのは運次第だし4〜5年持てば上出来ってところが僕の印象(うちにある現役のHDDで最も古いのは初代iPod 5GBの6年2ヶ月。まだバッテリーも元気で使えてます)。機械的な故障やクラッシュの可能性がほとんどなくなる上に、仮に「SDDは2年は持つ」という確証があるのなら、「5年持つかもしれないけど、5分後に壊れるかもしれないHDD」よりはぜんぜんマシだと思う。

パソコンのトラブルの大部分がHDD絡みな現状、壊れる心配が格段に少ないSSD搭載パソコンは、高価でもお得な買い物なんじゃないかなという気がしてきた。せめて128GBの容量があれば、MacBook Airをメインマシンにってのもアリなんだけどな〜。まあ、量産が始まった128GBのSSDをMacBook Proに入れちゃうというのもアリだけど。
コメントを投稿

TDW_2723