2013/05/09

Iam8-bit作品GW制作 0509-1



やはり、「のりしろ」を分厚く作りすぎたのが失敗だった。糸鋸をポキポキ折りながら合わせ目を削る。でかい棒ヤスリとかも使って。半日かかったわ。失敗。シリコーン型を使って貼り合わせるとか言ってたけど、合ってるかどうか見えないのは不安なので、とりあえず手動でくっつけた
で、失敗を教訓に2個目をFRPした。こっちは表面を触らなかったし分厚くないので作業がラクなはず。日に当ててるのは紫外線で硬化が進むらしいので。
最初のはどうも失敗ぽいのでもう一個だけ抜こうとしたら樹脂が足りなそう。そこで、注型用でない普通のFRP用樹脂を買ってきた。それが大正解。やはり注型用はたぶん気泡抜きとかの関係で硬化が遅くしてあるのかも。普通のFRP樹脂は、硬化剤をちょっと多めにすると15〜20分で刷毛で塗れなくなり、1時間もするとほぼカチカチ。ぜんぜん速い! 朝8時から始めてすでに3回目の積層がカチカチ。パテも接着剤も、もうこの樹脂使えばいいや。スバラシイ!

フルにやったら1日に4個くらい複製できるんじゃないか? 限定生産数10個くらいならそれほど苦じゃなさそう。まあ、今回は最低限の数にするけど。とか言いつつ、普通の仕事も平行してやってるのです。どっちかにかかりきりなら楽しいのに、急いで両方やるのはキツい。寿司1.5人前とカレー大盛りを5分以内に食え!みたいなもん。

とりあえずFRP積層の作業は全終了。次は、つなぎ合わせて塗装。それでもあと最低2日はかかるなあ。で、思うのは、原型作って型作って一個抜くところまでって、その一個のための超大変な全工程なわけだけど、順調に複製できると、その全行程の苦労が個数分で割られるんだよね。
コメントを投稿

TDW_2698