2013/04/18

YMOも過去のものか?

アーチストのJon Burgerman氏がWACOMのCintiqでドローイングしてるYouTube動画。絵もすごいけど、音楽!! アメリカのアーチストが自分のムービーのBGMにこの曲をつけるってすごくないですか!?

高橋幸宏のソロアルバムに入ってた曲で、すごい好きだった。よく見るとちゃんと「The music is by Yukihiro Takahashi, the song is called Curtains.」と書いてある。YMOの「BGM」の頃のソロアルバム「ニウロマンティック-ロマン神経症」の中の曲。

レンタルレコードからのカセットテープでしか聴いてなかったからCDも持ってない。iTunesストアにはない! 音楽でも本でも、今すぐダウンロード購入できないってのはすごいストレス。一気に10年くらい昔に引き戻される気分。

当時のYMOメンバーのソロアルバムって、YMO本体の曲の数が少ないのを補う感じで、YMOそのものとして聴いてました。メンバー同じだし。そのへんまとめてTSUTAYAで借りてこようっと。

・・・甘かった。近所のTSUTAYAには、高橋幸宏のコーナー見出しがないどころか1枚もなかった。細野晴臣もなし。坂本龍一はさすがに十数枚あった。そもそもYMOですら3枚しか置いてない(確認のため寄った他の店舗にはYMOコーナー自体がなかった)。YMOはもうすでに忘れ去られる寸前か。

YMO、人気の全盛期って33年前だから無理もないんだけどね。33年がどのくら昔かというと、僕が高校生のときの戦後すぐくらいだもん。「東京ブギウギ」とか「青い山脈」くらいww

ダウンロード時代のレンタルCDは現代の高校生が利用することあるのか? ってのもあるけど、そもそもダウンロード販売してないんだから存在しないに等しいわけで。YouTube等で探すと全部聴けたりするけどね。あ、そっちか。

その後、CD買いました。やっぱもうCDを買ってアマゾンで届くってこと自体がおかしな気分。
コメントを投稿

TDW_2772