2009/04/14

■グラフィック薄氷大魔王[175]タブレットの大小

intuos4に限らずタブレット全般の「サイズ」の話です。

タブレットを選ぶとき、一般向けのbamboo(以前ならFAVO)か、プロ向けのintuosか、ってのがありますが、性能的には現行の製品ラインでは「高級」か「超高級」かくらいの差なので、プロはintuosを選ぶべきとはぜんぜ思ってません(ただし、bambooは描画面の外の枠が狭い上に傾斜がついていて手がずり落ちてしまうので、僕は好きじゃないですが)。intuos4のON加重が軽くなってスゴイ!とはいっても、微妙な筆圧感知の恩恵を受けないタイプの絵を描く人や、Illustratorのベジェいじりがメインな人には関係ないし。どちらでもお好みで。

もう一つの大きな選択に「サイズ」があります。予算の問題を別にして、どのサイズが使いやすいだろう?ってことですが、これが実はむずかしい。初めてタブレットを買う人には「使いやすいサイズ」の基準がないので、とりあえず中間のサイズを購入してもらって、慣れてもらうか、どうしてもダメか判断してもらうしかしょうがない。

残念なのは、最初に購入したタブレットを「あ、使いにくいや」って放り出してしまう人がけっこう多いらしいこと。先週も書きましたが、使いやすいように工夫したりカスタマイズしたり、サイズを大きいものに買い換えたりした上で結論を出してほしいなと。

続きはhttp://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20090408140100.html
コメントを投稿

TDW_2723