2012/03/01

modo601 降臨!

今朝、あれ? modo601の情報、もう出てるんだー。と思ったら、なんとすでに発売されてた
http://www.luxology.com/

新機能のビデオを見てみる。まず、待望のボーン(スケルトン)がついた。やった! 表情用の新しいデフォーマ! トポロジーツール! ボリュームメトリック! ZBrushみたいなマットキャプ! クロス! すげーーーー!! 501は地味目なバージョンアップだったけど、601でいきなり普通に高性能ミドルレンジ統合CGソフトとして降臨! 601は超進化! 使い勝手がどうなのかわからないけど、とりあえず僕的に「modoでキャラアニメできるようになるまでのツナギ」としての3Dソフトいくつかは用済みということになるだろう。

とか言って喜んでるけど、modoを購入したのは2005年4月。7年前だよ! 統合CGソフトになる予定ってことでただ単に新顔のポリゴンモデラーだったmodo102に飛びついたのって。7年かかったかーーーー! 長かった。2005年に使い始めたときは、3年後くらいには3ds Maxのかわりに使えると思ってました。その後の「ツナギ」用ソフトの購入や習得などどんだけ回り道したことかーーー! もう3ds MaxもWindowsもやめていいかしら?

今までずうう〜〜っと頭の片隅にあったことを羅列・・・「modoでキャラクターアニメーションしたいけどボーンがないので無理。501の感じからすると近々ボーンがつくとは思えない。使いものになるボーンが搭載されるのはたぶん2015年とかもっと後だろう。アニメーション用には3ds Maxを使い続けることになるのか、復活させたCINEMA 4Dをメインにするのか、LightWaveはどうしよう。しかし、modoで作ったモデルを完全な形で持って行けるソフトは? modoと互換性の高い書き出し用フォーマットを作るとか言ってたけどどうなったんだろ?」などなど、いろいろ渦巻いてました。それらがついに「modoの中で完結する」ってことなんですよ〜〜! とりあえず僕的にmodo601の意味は大きい!

さっそくバージョンアップしてみた。まだいじれないけど。
コメントを投稿

TDW_2754