2010/06/30

■グラフィック薄氷大魔王[226] 発泡スチロール立体制作の課題と新しい材料

■グラフィック薄氷大魔王[226]
発泡スチロール立体制作の課題と新しい材料

吉井 宏
───────────────────────────────────
アナログとデジタルを振り子のように往復する僕。アナログへの大きな揺り返しで「以前から作ろうと思ってた特大のFRP人形を、今作りたい、今見たい!」状態になり、ついに発泡スチロール造形に手を出した、というのが5月に書いたあらまし。その後、数週間かかってとりあえず一個完成しました。制作過程はTwitterに写真付きで実況中継的に書いてましたのでそちらをどうぞ。

twilogの検索結果
< http://twilog.org/tweets.cgi?id=hiroshiyoshii&word=発泡スチロール >

前回の記事
< http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20100526140700.html >

一個作ってみて、いろんな収穫がありました。材料は今回使ったものでほぼ大丈夫なようですが、問題点が二つ。スプレーと強度についてです。

今回の塗装はほぼ筆塗りのみでした。スプレーは下地の仕上げに軽く吹いたサーフェイサーと、最後のツヤ出しのトップコート(3缶空にした)に使いました。引っ越してから本格的なスプレー作業は初めてだったのですが、外の階段のところでスプレーするのはかなりキツい。高さがあるのでいつも強い風が吹いてるし、風が弱いときは吹いたスプレーの霧がいつまでも真っ白に漂う。近所の部屋には完全に迷惑だし、遠くから見たら煙が出てるように見えそう。

なので、スプレーの使用を皆無にできないかなと。サーフェイサーは、どうせサンドペーパーをかけちゃうので筆塗りでも問題ない。問題はツヤ出しトップコート。実はスプレーしたトップコートは、キレイな部分はとことんキレイでツヤツヤだけど、そうでもない部分はそうでもないのだ。大きなものの全体を一様に吹くのはむずかしい。

遠くの部分には乾きかけの粒子がくっつくのでザラザラになってしまう(その点、硬化が遅いウレタンスプレーがいいらしいので機会があったら試したい)し、ときたま大きな飛沫がビシャッと飛ぶことがあってガッカリする。次にやるときは、トップコート/クリアーの塗料を筆で塗ってみようと思う。意外に味があっていいかも。

あと、強度の問題。エポキシパテを全体に盛って削る方法は手軽で確実でいいのですが、盛りを均一にできなくボコボコなので、厚みがよくわからない。なので、削って整形していくうちに薄くなりすぎる部分があるようだ。実は、塗装中に手が滑って15cmくらいの高さから机の上に落下したのですが、肉厚が薄い部分に小さなヒビが入ってしまいました。高密度発泡スチロールなので重量が約1kgもあることが災いしたんだけど、硬度があっても衝撃には意外と弱いみたいです。

いちおう、「アート作品ないしはインテリア」みたいなものであって、動かしたり投げたりして遊ぶものじゃないので、強度は重視しなくていいとは思うのです。しかし、机の上で倒れてひび割れちゃうんじゃ弱すぎる。本格的にFRPに行っちゃえば問題ないんだけど、そこまで大げさにしたくない。

で、現在、代わりの素材をテスト中。エポキシ樹脂を使ったFRPみたいな方法があるとのことで、樹脂とガラスクロス(みたいなもの)を買ってきました。発泡スチロールに塗って試してみたところ、エポキシ樹脂はそれだけでも相当強度があってカッチカチだけど、ペンチでぶっ叩くと割れたりヒビが入る。ガラスクロスを入れて硬化させたものはさすがに丈夫です。

それで十分と思われるので次回作はエポキシ樹脂でやるとして、検索して見つけた「グラスファイバー入りパテ」が気になってしょうがない。クルマのバンパー等の修理に使うもので、なにしろ繊維が混ぜ込んであるので強度はすごそう。そういえば!と思って一度も入ったことがなかった近所の自動車用品ショップに行ってみたところ、置いてありました!それどころか、エポキシパテやFRPセットから塗料まで、フィギュア制作に使える樹脂系の素材が何でも揃ってる!もっと早く気づけばよかったー。

で、ファイバー入りパテを試してみました。ポリエステルパテなので、発泡スチロールに直接塗ると溶けてしまう。あらかじめ水性塗料を塗って皮膜を作っておいた。パテは暗い黄色で繊維入りなので、見た目がほとんどカボチャの煮たやつのグジュグジュになったところそっくり。ヘラで伸ばすとまとまった感じで伸び、ラクに均一に盛れてなかなか良い。

ところが、水性塗料の皮膜が弱かったのか、発泡スチロールを溶かして浸食しはじめ、最終的に1cm近く陥没してしまった。皮膜は専用の塗料があるらしいのでそれを使うほうがいいでしょうね。で、硬化したファイバーパテの強度はといえば、ものすごく頑丈です。出せるかぎりの力で思いっきりペンチでぶっ叩いても、表面がちょっと白っぽくなるだけでビクともしない。さすがクルマ用!この強度はどこかに使いたい。

< http://www.yoshii.com/dgcr/fiberputty.jpg >

【吉井 宏/イラストレーター】

ScanSnap、もうスキャンするものがない〜。延べの厚さにして2.15mの、ScanSnap処理数週間分の本の残骸の山。(スキャンしないで処分するものも一部含んでます)
写真 < http://www.yoshii.com/dgcr/scansnapbooks.jpg >

●「毎月1日は映画サービスデー」CMに「ヤンス!ガンス!」登場
映画館に行くと、本編上映前に必ず流れる「映画サービスデーの広告、兼、マナー広告」CMってありますでしょ。あのCMにヤンス!ガンス!が登場です。現在、都内の映画館のほぼ全館で見れるはずです。エリアは拡大予定。TVK(テレビ神奈川)で日曜18:25 〜 18:30放映中。music.jp、Wiiシアターの間でも配信中。アヌシー国際アニメーション映画祭2010 TVシリーズ部門にノミネートされてましたが、受賞は逃したようです。

HP < http://www.yoshii.com>
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/>;

コメントを投稿

TDW_2725