2007/08/30

シリコン型失敗


秋にZBrush Toysシリーズの第一弾として、Piyoraを数十個くらい複製して発売するつもりです。時間があるうちにシリコン型をいくつか作って効率アップということで、数ヶ月ぶりに型取り作業。半裂き方式をやってみようと挑戦するも、3つ作って3つとも失敗。気泡だらけ。どうなってるんだこりゃ!!シリコン1kg缶2個がパー。

夏はシリコンの硬化反応が速くなるらしいので、硬化剤の割合を通常の4%→3%→2.5%くらいでやったのだが、流し込んでる最中から粘度が上がってきて気泡がぜんぜん抜けない。おまけに、シリコンの粘度を下げるシンナーが底をついたこともあって、ほとんどドロドロ状態での作業。これは失敗するな〜と思ったらやはり失敗。う〜む。シリコンとシンナーが届いてから再挑戦。

あと話が前後するけど、驚いたこと。3D出力を元に原型制作で、何度削り・磨きを繰り返しても等高線状の段々が浮いてくるという話を以前書いた。原因は、サーフェイサーが乾いたと思っても一週間くらいは収縮するため、塗ってすぐ削ると収縮して段々が出る、ということだった。今回、数ヶ月ぶりに原型を取り出してみたところ、盛大に段々が出てた!うわー!一週間くらいの乾燥じゃぜんぜんダメだ。乾燥器併用で1ヶ月くらいしないと安心できないぞ。また表面を磨きなおし。
コメントを投稿

TDW_2698