2006/11/15

Toys-スカルピー 1

今まで、家庭用オーブンレンジで焼いて固めるスカルピーは、臭いと思ってたので使わなかった。先日、オーブン粘土で作品を作ってるイラストレーターのT.N.さんに聞いたら、「別にくさくないよ」とのことで、さっそく買ってきました。

スーパースカルピーとグレイスカルピー。プリモという高級品は後で試すつもり。まず、材料の性質を知るために、そのままの状態と混合した状態で適当な形を作って焼いてみた。削ったりパテやサーフェイサーの食いつきの感じなどを実験。



・形を作る
スーパースカルピーは、確かに形が作りやすい。ヘラを押し当てると素直に形になる。グレイスカルピーはちょっと柔らかすぎでベタベタな感じ。混合したものは、その中間。

・焼く
オーブンレンジに入れて130度で15分。焦げるのを防ぐためにアルミホイルで蔽うといいらしい。試しに、蔽わずに2回目を焼いてみたら、茶色に焦げた。

・削る
スーパースカルピーは、風化したロウソクみたいな感じ。ナイフが入ったところから粉状にボロボロくずれる。話には聞いていたけど、こりゃ削り主体の制作には完全に不向きだ。それに、半透明の肌色のため、立体感がぜんぜんわからない。
グレイスカルピーは、多少のボロボロ感はあるものの、非常に削りやすい。サクサクと気持ちよく削れる。グレーなので立体感が非常に見やすい。
混合したものは、やはりその中間。ただし、グレイスカルピーが少なめの割合でも、ボロボロ感はグレイスカルピーの感じが大きい。

・パテの食いつき具合
エポキシパテとポリエステルパテは、まったく食いつかない。ポロポロはがれる。サーフェイサー(溶きパテ2種類)はよく食いつくようだ。ということは、サーフェイサーの上にパテを盛るのもアリかな。


で、試しに小さいものを作り始めた。グレイスカルピー(左)と1:1混合(右)。グレイスカルピーは溶剤を抜くと柔らかさを調整できるとのことで、餃子の皮くらい薄くのばして週刊誌にはさんで足で踏んづけて1日おいたら、手で練れないくらいカチカチになった。適当な堅さになるまでグレイスカルピーを追加した後、形を作った。まあ、かなり小さい試し用モデルなので、あんまり器用に形は作れない。
コメントを投稿

TDW_2699