2011/10/07

「猿の惑星 創世記」

出かけたついでに時間がピッタリ合ったから見て来ちゃった。公開初日とは知らんかった。おもしろかったぞ〜〜〜!!

以前、予告編を見てCGのチンパンの表情がクドいとか不満を書いてましたが、通して見れば大丈夫、気にならなかった。赤ちゃん時代のチンパンがかわいくないのがイマイチかな程度。後半の大勢の猿が登場場面でのCG臭さが強くなるのは確かにありますけど、終始、猿がたぶんほとんど全部CGのみで登場するためか、テイストが統一されてて違和感がないです。

で、何が面白かったかって、これ、「猿の惑星」の設定を借りた、痛快きわまりない下克上!反乱!スパルタカス! 下に見られていた者がウラミハラサデオクベキカ!やったれー、やっつけろー、ぶっ壊せー、行け行けーイテマエ−!!的な。シーザー、カッコイイ!

元々は「有色人種が白人を支配する恐怖」なわけだけど、有色人種の僕ら的には、猿を応援しちゃうよね。恐れられる日本人に戻らなければ。あと、「バカと思われてるやつが、実はめちゃくちゃ賢い」って、たいていの人が大喜びする設定。僕も大喜び。

科学的設定はシロウトの僕が見てもかなり甘いですけど、あの痛快な反乱の前にはささいなこと。最初に反乱を起こす猿が多すぎるんじゃない? また、世界を支配するには猿が少なすぎるんじゃない?と思ったけど、ちゃんとつじつまが合うような設定になってる。

猿が人間を「殺そうとして殺す」場面が一つもないのが、ちょっと腰が引けてたのか、猿が悪者に見えないようにする意図があったのか、など。

笑福亭鶴瓶に似たチンパンが出てくるので要注目。

滅多に映画館に行かないんだけど、「猿の惑星」はTOHOシネマズ渋谷のスクリーン3。この劇場、席が本物のIMAXシアターみたいに切り立ってて、前の席の人は座高が180センチくらいの巨人でなければジャマにならない。すごい見やすかった。どの席で見ても正面に近い。
コメントを投稿

TDW_2709