2010/11/10

■グラフィック薄氷大魔王[238] iPhone/iPadアプリ 「REAL STEELPAN」

■グラフィック薄氷大魔王[238]
iPhone/iPadアプリ 「REAL STEELPAN」

吉井 宏
───────────────────────────────────

僕のiPhone/iPod touchアプリ「REAL STEELPAN」が10月30日にApp Storeで発売されました。楽器のアプリです。

< http://itunes.apple.com/jp/app/real-steelpan/id398902899?mt=8# >

以下はApp Storeに書いた説明です。

『「REAL STEELPAN」はカリブ海の島国トリニダード・トバゴの楽器スティールパン(スティールドラム)をiPad / iPhone上に再現したアプリです。実物のスティールパン(Tenor Pan)をサンプリングした美しい音色をお楽しみ下さい。
指で軽く叩くと鳴ります。長押しすると両手のマレット(バチ)で連打するロール(トレモロ)奏法になります。左下のロールボタンを押しながら演奏すると、長押ししなくてもロールになります。
演奏画面は二つあります。一つは実際のスティールパンと同じ音の配列。もう一つは鍵盤楽器の白鍵・黒鍵のような配列です。スティールパンの独特な音の配列に不慣れな方はこちらを利用するといいでしょう。
Enjoy panning! 』

スティールパン(Steelpan)という楽器名はなじみがないかと思います。日本では「スティールドラム」のほうが通りがいいですが、世界的にはだいたい「スティールパン」です。単に「パン」と呼ばれることもあります。パンってのは鍋のことです。詳しくはwikipediaで。
< http://ja.wikipedia.org/wiki/スティールパン >

スティールパンは持ってました。1995年頃から振興会みたいのに出入りしたり、関連で浅草サンバカーニバルにも出たことあります(その時は購入前でパーカッションでの参加)。でも、まったく演奏できませんでした。音が大きいので集合住宅で練習は無理。音の配置を覚えるため、音をサンプリングしてFlashで演奏できるようなものを作ってみたいとは考えてましたが。

2年前、App Storeができて面白い楽器アプリが続々出てきました。その2008年の秋、「ヤンス!ガンス!」のアニメーション制作担当の(有)シンクのプログラマーがiPhoneアプリを作れると聞き、じゃあスティールパンのアプリなら比較的簡単に作れそう!と、お願いしたわけです。

すぐにアプリに必要な素材を作り始めました。グラフィックは写真を加工したものです。砧公園にスティールパンを持って行って撮影しました。11月だったのでイチョウがきれいに黄色になってて、クロームメッキに映り込んで困りました。夏の楽器なのに色がなんとなく秋っぽくなっちゃう。ずいぶん加工してなんとかしました。アイコンやスプラッシュ画面なども用意。

そして音素材。録音したスティールパンは元々は代表的なスティールバンドExodusの楽器だそう。「By H.Guppy」と銘入り。有名なチューナー(スティールパン制作者)だそうです。知り合いで研究者の冨田晃氏を通して手に入れたスティールパンでした。でした、というのは、録音直後に売っちゃったから。さすがに惜しいとは思いましたが、本格的にモノ減らしを始めた頃で、「オレはモノには執着しないのだ!」という証明をしてみたかったんです・・・。

録音スタジオに楽器を持ち込み、一音ずつ叩いて録音してもらいました。Apple Soundtrackで音の編集。スティールパンの音は叩く強さの微妙な違いや叩く場所によってばらつきが出ます。また、高音部は音階がほとんどなくてカンッって音なので、1オクターブ下の音を音程1オクターブ上げて重ねたりして音階が聞こえるように加工しました。あと、音階で鳴らしてみて音量や音質が凸凹しないように揃えました。

ロール(トレモロ)は、2秒でループさせて切れ目をわからなく編集するのが大変でした。波形表示してループに繋いでおかしくない箇所を探し、どうしても繋がらないものはあちこち移植してループを作成しました。

同時に何音も出るので和音も演奏できるのですが、同時に鳴らすと音量が飽和して音割れします。なので、2音を同時に鳴らして音が割れないレベルに調整しました。

で、そうやって仕上がった素材をプログラマーに渡し、何度かのやりとりの後、翌年2009年の春には一部を除いてほぼ完成状態。iPod touchに入れてテストなどしてたのですが、僕が忙しかったりプログラマーが忙しかったり、なんだかんだで今年の春まで止まってました。「夏の間にはリリースするぞ!」と再スタートしてもらい、ようやく10月30日にリリースできたわけです。

長いことかかりました。実は、「REAL STEELPAN」ってアプリ名、2年前に始めたときは「iSteelpan」でした。モタモタしてるうちにその名前が使われちゃったのでiPanに変更。そしたらそれも使われてしまい、最終的に「REAL STEELPAN」になったんです。名前が変わるたびにロゴや画面も作り直してたんですよ。また、当初はiPhoneとiPod touchだけだったのが、広い画面のiPadやiPhone4が追加され、それぞれに合わせたサイズの画面も用意。

もうちょっと早く出したかったのは山々ですが、とりあえずリリースできてひと安心。改良したいところもありますので、追々アップデート版を出したいと思ってます。使ってみた感想などいたけたらうれしいです。

●東急ハンズでフィギュア展示してます

夏から秋にかけて作ってたフィギュアを展示・販売してます。「東急ハンズのオリジナル年賀状を14人のアーチストが制作」という企画に参加してます。オリジナル年賀状コーナー付近で参加アーチストの展示があります。渋谷店は1Aフロア、新宿店8階、池袋店6階。 他店舗でもオリジナル年賀状販売はしてますが、作品展示は3店舗のみです。展示は11月30日まで。もちろん年賀状もやってます。
< http://tv.tokyu-hands.co.jp/company/2010nenga.html >

【吉井 宏/イラストレーター】

ネットの世界では「(笑)」に取って代わりつつある「w」。出始めの頃は大嫌いだったんですよ、冷笑というか小馬鹿にされてる感じがして。でも、最近は「(笑)」よりいい感じかもと思うようになってきた。大げさでわざとらしい笑いじゃないところがいい。会話っぽい。特にTwitterでは「(笑)」は雰囲気に合わないことが多い。打つのラクだし、笑いの度合いがwを打つ回数でカンタンに調整可能ってところも便利。

●札幌のアーチスト、伊藤マーティさんのカスタムショーに参加しています。国内外のアーチスト35名の競演! 2010年10月23日(土)〜11月21日(日)。札幌ロフトのグラフィックコーナー。
< http://martyito.blogspot.com/2010/10/blog-post.html >

●「ヤンス!ガンス!」DVD発売中
amazonのDVD詳細 < http://amzn.to/bsTAcb >

●「ヤンス!ガンス!」オンエア情報
MUSIC ON! TV、TVK(テレビ神奈川)、Gyao、music.jp、Wiiシアターの間でも配信中。

●同じくMUSIC ON! TVの番組「George's Garage(GGTV)」のオープニングをヤンス!ガンス!のコラボで制作。
< http://www.m-on.jp/blog/ggtv/2010/10/101002-4.html >

●「毎月1日は映画サービスデー」CMに「ヤンス!ガンス!」登場中

HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >
コメントを投稿

TDW_2724