2010/05/26

■グラフィック薄氷大魔王[221] 発泡スチロールで立体製作

■グラフィック薄氷大魔王[221]
発泡スチロールで立体製作

吉井 宏
───────────────────────────────────
つい先日、「フィギュア塗り大変、アナログ作業はツライ、もうデジタルだけにしよう」とか言ってましたが、例によってもう揺り返しが来てます。それも非常に大きな揺り返し。

もともと、3DCGでキャラクターを作り始めた頃からやってみたかったのが、「等身大、1mとかそれ以上のサイズのフィギュア、店頭のマスコットキャラクターみたいなFRPのでっかい人形」作り。あわよくば、そういうでかいのを「立体作品」として展示したり売り物にしたらおもしろいだろうなあと思ってました。

今まで作ったフィギュアはほとんどが10cm程度で、小さいのになると5cm程度。身にしみて感じたのは、小さいほど作業がたいへんってこと。ペイント作業では直径5mmの目玉を筆で描いたりするんだけど、そんなの不器用すぎて無理。サイズが大きいと、いろんなことがラクになるんです。

あと、複製の件。「作者自身が少量生産するフィギュア」ってのは、「作者自身が複製を前提に創意工夫して制作する絵」という点で、現代版画と同じ。それが版画好きだった僕の裏テーマみたいなものだったわけですが、複製を前提にすると、単に作りたい形を作るだけでは済まなくなるし、当然ながら複製・ペイント作業は生産数だけのしかかってくる。

だったら、複製を前提にせず一点物として作りたい形を作ればいいんだし、もしどうしても複製する必要が出てきたら、完成品から型取りすればいい。そう割り切ってみたら、猛烈に「作りたい!」気持ちが高まってきました。

とかなんとか、そういった理由付けは置いといても、「体を動かして大きなものを作りたい衝動、大きく作ったキャラクター人形を見たい衝動」 が盛り上がってきて、いてもたってもいられない!

そこで、前からなんとなく考えてた方法を試してみることにしました。発泡スチロールでだいたいの形を作り、表面を何か樹脂で固めて磨いてツルツル滑らかにして塗装、という作り方。要するに、立体看板やディスプレイ用の造形物などと同じような作り方。ただし、ものすごく臭いらしいFRPの作業を部屋でやるわけにはいかないので、エポキシパテ等でやります。

まず、発泡スチロールを購入しました。91cm x 46cm x 42cmの大きなブロックで、通常よりもかなり硬いもの(発泡の倍率が30倍。梱包等に使う一般用途のものは50〜60倍)。サイズが大きいとはいえ、たかが発泡スチロール。300円とは言わないけど1000円くらいで買えると思うじゃないですかー。とんでもないです、ぜんぜん高いです。東急ハンズで30cmくらいのブロックを2000円くらいで売ってて「ぼったくりだー!」とか思ってましたが、すみませんでした。まったく妥当な値段でした。

材料や作り方を検証するテストってことで、なるべくシンプルなキャラクターを選び、A3サイズにプリントした三面図を元に削り出します。3Dデータから発泡スチロールを切削してくれるサービスもあるそうで、そのうち利用したいと思ってますが、今回は試しなのでカッターナイフで削ります。パン切りナイフがいいと聞いて用意しましたし、ニクロム線のスチロールカッターも購入しました。

で、最初のつまづき。大きなブロックを使うサイズに切り出そうとしたのですが、厚さ42cmのブロックを輪切りにすること自体、手持ちの道具では完全に不可能! 長いパン切りナイフは刃が立たず、カッターナイフは10cmくらいしか届かない。30倍発泡スチロールの硬さをナメてました。どうするんだこれ?? しかたなく、長さ30cmもないノコギリで無理矢理ギコギコ切りました。体中と部屋中が静電気をたっぷり帯びた粉だらけで積雪1cm状態に。コンピュータを置いてある部屋でする作業じゃないよ〜〜。

・・・という感じで、始めてしまいました。具体的な制作レポートまで踏み込めませんでしたが、たぶんこの項、続きます。こういう不慣れな作業に取り組むと、書きたいことが山ほど出てきますので。

まだまだ製作途中ですが、Twitterにポツポツと写真付きで実況中継してます。
< http://twilog.org/hiroshiyoshii >

【吉井 宏/イラストレーター】

間もなく、iPadが来るわけですが、わくわくわくわく高まる期待に防衛本能が働きはじめてます。世の中、期待しすぎてがっかりすることが多いので。「ん〜〜、まあ、届いたら使ってみるかもしれないけどね〜。」「ん〜〜、ダメでもフォトフレームくらいには使えるでしょうし。」「ん〜〜、鍋敷きにしちゃうのは、ちょっともったいないね、はっはっはー。」

●「毎月1日は映画サービスデー」CMに「ヤンス!ガンス!」登場
映画館に行くと、本編上映前に必ず流れる「マナー広告、兼、映画サービスデーの広告」CMってありますでしょ。あのCMにヤンス!ガンス!が登場です。現在、都内の映画館のほぼ全館で見れるはずです。エリアは拡大予定。
TVK(テレビ神奈川)で日曜18:25 〜 18:30放映中。music.jp、Wiiシアターの間でも配信中。アヌシー国際アニメーション映画祭2010 TVシリーズ部門にノミネートされました。
< http://meatordie.com/ >

HP < http://www.yoshii.com>
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/>;;;

コメントを投稿

TDW_2722