2008/06/18

グラフィック薄氷大魔王[140]7年ぶりに発掘された初代ScanSnap

このところ、不要品やずっと使ってないものを引っぱり出して処分している最中。試し書きしただけの筆記具や紙、どうしても捨てられなかった思い出のガラクタ。時代遅れのパソコン周辺機器や使ってない機械。余りすぎのケーブル類や電源アダプタなど。

不要品整理と同時進行で、古い書類や切り抜きなどを細かく破ったりシュレッダーにかけて捨てている。契約書などの大切な書類は箱を用意して保存。切り抜きも選別して必要なものはスキャン。雑誌の特集ページを丸ごと残してあるものは、二度と手に入らない内容や写真だったりするので、捨てられない。普通のA4フラットベッドスキャナで何千ページもスキャンする気にならないし、簡単にデジカメで撮ってしまうのも惜しい。

あっそうだ! 数日前、不要な周辺機器類の段ボールに放り込んだばかりのScanSnapを思い出した。2001年に買って以来ほとんど使わずクローゼットの奥の奥に突っ込んであったのを数日前に見つけたのだった。最近ルー大柴氏がコマーシャルに出てるPFU/富士通のドキュメントスキャナで、fi-4110EOXという初代モデルだ(Windows専用)。

富士通ScanSnap

書類の束が見る間に吸い込まれる両面高速スキャニングはすごいんだけど、画質があまり良くなかった。当時、中途半端に試しで数百枚くらいスキャンしたけど、後でそれらの画像が役に立ったこともなく、・・・・・・・
(続きは「日刊デジクリ/グラフィック薄氷大魔王」で)
コメントを投稿

TDW_2773