2013/03/14

無感情に淡々と進める!

「技術を発揮するだけ系の仕事は、躊躇や迷いを全部振り払って、必要なことを必要なだけ、無感情にクールに淡々と粛々と、進めるベシ!!」

と思った。たまに作風とか関係なしに3DCGの技術だけ求められる仕事をやるけど、気乗りしなくて延々時間かかることが多い。手だけチャッチャカと動かし続ければ短時間で仕上げられるはずなのに、そうでないことが多いので、自分向けの標語。

で、考えてみたら、クリエイティブを発揮する系仕事のほとんどの局面にも同じことが言えるじゃんね! 前にも書いたけど、クリエイティブの核心部の大半が「アイディアスケッチやドローイング」にあり、他は「作業・処理」だけなことが多い。スケッチやアイディアを考えてる時以外は淡々とやればいいのだ〜!

いつも仕事してて遅くなる大きな原因で、ちょっとややこしい処理しなくちゃいけなくて「わ、めんどくせー!」って机から一瞬離れちゃうってことがある。それが一瞬で終わらず、次にその作業にとりかかるのは数十分後だったりする。全部継続して作業すりゃ2時間で済むことを丸一日かかったりする。「めんどくせー!」って思わないこと、それが「感情を排して淡々」。たんたんたん♪

締切キツイときは「めんどくせー!」と机を離れる余裕がないから継続せざるを得ず、それでめちゃくちゃ進むんだよね〜。あと、どれに取りかかろうかな? っていう迷いも「無感情淡々クール」で排することもできるわけだよね。となると、次にやることを自動的に提示してくれるThingsとかOmniFocusとかのGTDソフトにも存在理由あるな・・・。

いかんいかん、気がつくとまたThingsをいじりはじめてしまっていた。Thingsは僕的な使い方ではいろいろ不満あるのだった。そのへんも、もっと便利に使えるはずなのにという感情を排し、淡々とEvernoteで行う!
コメントを投稿

TDW_2763