2009/06/20

modo401のレイアウトとプリセットの環境マップ


modo401のインターフェイスのレイアウトがとても便利になってる。
302までは、モデリングやUV作業やペイントなどのレイアウトを、作業ごとに切り替えて使っていた。ファンクションキーを割り当ててたんだけど、レイアウトの切替えのときに強制終了してしまうことがよくあった)。

401標準レイアウトではタブを切り替えるだけでパレットの内容も全部切り替わって、それぞれの作業に最適なレイアウトになる。とてもラク。401標準レイアウトに切り替えないと「ClearCoat Amount」とかの項目が出てこなくて使えないのはなんでだろ?

ところで、上の画像の左側に注目。環境光用のHDRIがプリセットでたくさん入ってる。野外、屋内、スタジオの3カテゴリに数十枚用意されてて、ダブルクリックするだけでシーンに適用される。
こんなのできちゃう。地面に落ちる影は「Shadow Catcher」という新機能で、地面を透明にして落ちる影だけを背景に加えるというもの。

上で書いたCrearCoatってのは、マテリアル自体がどんな設定でも、上からニスかトップコートを吹いたようにツルツルにする機能。クルマのボディーとかに使うらしいけど、僕が最近やってる作風にピッタリな機能。Shadow Chatcherといい、CrearCoatといい、僕向けの機能が増えてうれしい。
コメントを投稿

TDW_2700